コンスタンティン CONSTANTINE

この手の映画を観ていつも思うことがある。
それは、キリスト教のバックボーンがないと、本当の意味での理解は出来ないんだなと云うこと。真に楽しめないワケだし、本当には怖くないワケだ。
「マトリックス・シリーズ」(99年~03年)を思わせるようないでたちのキアヌ・リーブス=ジョン・コンスタンティンが、エクソシスト的な闘いを繰り広げる、アクション・スリラー。地獄から舞い戻った男が、自らの為に戦う姿はヒーロー然としていなくていい。よれよれの彼は、最近のアメリカ映画には珍しいヘビースモーカー。嫌煙家にとっては天敵のようなこの設定が、後で大きな意味をもってくるのだ。そんな雰囲気をキアヌ・リーブスは、実に上手くキメている。ヒロインのレイチェル・ワイズも、ちょっとエキセントリックな感覚を上手く醸し出している。そんな二人と個性的なキャラクターたちが、スタイリッシュな映像の中で、リアルに動き回る。そう、登場する天使も悪魔もとても人間ぽいのだ。ある意味、人間以上に。特に、大天使ガブリエル(ティルダ・スウィントン)は魅力的。
そして、最後の解決の仕方が、意外な一手で、ヒーローらしくなくてまたいいかも。
b0014400_18575974.jpg

あっ、これから観る人は、エンドクレジットが流れ始めても決して席を立たないように。ラストに、オマケが付いていますから。
------------------------------------------------------------
コンスタンティン CONSTANTINE
2時間01分 ワーナー・ブラザース映画 監督=フランシス・ローレンス、脚本=ケヴィン・ブロドビン、フランク・カペロ、撮影監督=フィリップ・ルースロ、音楽=ブライアン・タイラー、クラウス・バデルト
キャスト=キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ、ジャイモン・フンスー ほか
翻訳=林完治
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-06-08 19:00 | ロードショー

桑畑三十郎

b0014400_18264792.jpg


コンビに寄った時に、偶然見付けたフィギュア。
去年の末に既に発売されていたモノのようだけれど、知らなかった。
黒澤明よみがえる巨匠の現場・用心棒/椿三十郎篇」のひとつ。
「用心棒」の主人公・桑畑三十郎。ふてぶてしい浪人の感じが、実に良く出ています。さすが、海洋堂
ひとつ目で、一番欲しいのが出たので、嬉しい限りです。欲を云えば、白黒版もあるので、そっちの方が、良かったかな。

映画としては、「用心棒」よりも「椿三十郎」が、好きだ。ひょうひょうとしたユーモアがあって、「天国と地獄」、「七人の侍」と並ぶ、黒澤映画ベスト3の一本。
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-05-14 18:41 | 映画よもやま話

あぁ、勘違い

DVDの商品カタログを見ていて、ベン・キングスレーパトリック・スチュワートと勘違いしてしまった。なんとなく風貌が似ているだけじゃなくて、演じてる役柄もカブるような気がする。「サンダーバード」(2004)のフッドをパトリック・スチュワートがやって、「X-MEN」シリーズのエグゼビアをベン・キングスレーが演じても違和感がないかも。
そう云えば、以前、カート・ラッセルジェフ・ブリッジスが、なぜか頭の中でゴチャゴチャになったこともあったなぁ。
皆さんは、そんなことありませんか?
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-02-06 19:29 | 映画よもやま話

「宇宙戦争」

この夏公開の「宇宙戦争」(WAR OF THE WORLDS)の予告編を観た。
b0014400_201593.jpg

このところ「ターミナル」(2004)「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2002)などおとなしめの作品が多かった、スティーブン・スピルバーグ久々のSF超大作。主演は、「マイノリティ・レポート」(2002)でもタッグを組んだ、トム・クルーズ。普段、基本的に映画館で予告編は観ないことにしている。が、予告編の為だけにスピルバーグが撮ったと云う事だったので、つい観てしまった。「未知との遭遇」(1977)を彷彿とさせる映像で、なかなかワクワクさせられた。「スター・ウォーズエピソード3」とも激突することだし、この夏は、期待大だ!
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-01-29 20:03 | 映画よもやま話

エイリアンVS. プレデター  ALIEN VS. PREDATOR

これは、面白い!
b0014400_1743635.jpg

あまり期待してなかったんですよね、実は。よくある、企画物のキワモノ映画になるんじゃないかと。
でも、これは、面白い!
予想以上に脚本がしっかりとしていて、楽しめました。ちゃんとエイリアン、プレデター双方の特徴を上手く生かしてあって、流石に監督が、熱狂的ファンだと云うだけのことは、あります。ビショップ(ランス・ヘンリクセン)の登場には、もうひと唸りさせてほしかったけれど…。
脚本のクレジットに本家「エイリアン」(1079)の脚本家ダン・オバノンドナルド・シャセットの名があったけれど、どこまでかんでいるのだろう?
基本的にエイリアンは、ジェームス・キャメロン監督・脚本の「エイリアン2」(1986)の延長線上のイメージ。アクションを優先させているからでしょうけれど、リドリー・スコットの恐怖演出には、だれも太刀打ち出来ないと云うことでもあるのでしょう。
監督・脚本は「バイオハザード」(2001)ポール・W・S・アンダーソン。「モータル・コンバット」(1995)、「イベント・ホライゾン」(1997)、「ソルジャー」(1998)とちょっとトホホなB級SFアクション、ホラーを送り続けていたが、今回は、良い按配のB級感覚でした。
ラストのあのシーンから宇宙船内の出来事として「2」が作られたら、それはそれで面白いかも。お願いしますよ、20世紀フォックスさん!
-----------------------------------------------------------
1時間40分 20世紀フォックス映画提供 監督・脚本=ポール・W・S・アンダーソン、撮影監督=デヴィッド・ジョンソン、キース・パートリッジ、音楽=ハラルド・クローサー
キャスト=サナ・レイサン、ラウル・ボヴァ、ランス・ヘンリクセン ほか
翻訳=林完治
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-01-28 17:08 | ロードショー

「タクシードライバー」再び? スコセッシ&デ・ニーロ

ゴールデングローブの作品賞、主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)受賞で話題の「アビエイター」(2004年)。その監督のマーティン・スコセッシが、彼の傑作中の傑作「タクシードライバー」(1976年)の続編の制作をする可能性があるらしい。勿論、ロバート・デ・ニーロとのタッグを組んでとの事。
うーん、「タクシードライバー」が大好きな身としては、観たいような観たくないような、複雑な気持ち。あれ以上、何をするんでしょうかね。歳をとってからのトラヴィスってどうなんだろう?
b0014400_17323164.jpg

デ・ニーロ&スコセッシ
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-01-25 17:37 | 映画よもやま話

ゴジラ ファイナル ウォーズ GODZILLA FINAL WARS

メインタイトルを「セブン」(1995)で名をはせたカイル・クーパー(最近では「スパイダーマン」シリーズが有名)が手掛け、音楽をエマーソン・レイク&パーマーのキース・エマーソンが担当しているってことで個人的になんかワクワクしていた、ゴジラシリーズ一応の終焉の作品。最終作にふさわしく、イヴェント映画と化していました。往年のファンをニンマリさせてくれるサービスは嬉しいけれど、小さな映画に終わってしまった感じがする。
b0014400_18321844.jpg

監督は「あずみ」(2003)「スカイハイ」(2003)北村龍平。人間ドラマはないのに、ミュータントの闘いのシーンに多くの時間を割いてしまったところに限界を感じずにはいられない。「ゴジラ」に高尚なものを求めてはいけないのかもしれないけれど、ちょっとおバカがすぎたかも。最終作なんだから、もう少し原点回帰をして、今のこの世の中に渇を入れて欲しかった。
ラストも弱いしね。
さて、本当にこれで「ゴジラ」は終わるのか?
------------------------------------------------------------
2時間02分 東宝映画 監督=北村龍平、脚本=三村渉・桐山勲、撮影監督=古谷巧、音楽=キース・エマーソン
キャスト=松岡昌宏、菊川怜、ドン・フライ、水野真紀、北村一輝、ケイン・コスギ、水野久美、佐原健二、宝田明 ほか
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-01-23 18:21 | ロードショー

Mr.インクレディブル THE INCREDIBLES

タイトルは「ザ・インクレディブルズ」にして欲しかった。そこにこそこの作品のテーマが、隠されていると思う。これは、ヒーロー・アニメに形を借りた、家族再生の物語なのだから。
b0014400_18353776.jpg

ストーリーを重視するピクサー作品だけあって、飽きさせず面白い。敵の秘密要塞の描写なんて実写版の「サンダーバード」(2004)なんかより、ワクワクさせられました。しかし、ピクサーにしては、血なまぐさい印象を持ったのは私だけではないでしょう。大人向けを意識したためかもしれませんが、なんとなく違和感を覚えます。
そして、ここに映し出されているのは良くも悪くもアメリカであるってこと。最後の戦いの場面でお互いの愛を確かめ合い、キスをするシーンに象徴されています。家族だけでなく、アメリカの再生を願う物語でもあるのですね。
監督は「アイアン・ジャイアント」(1999)ブラッド・バード。エレナ・モードというとびっきり美味しい役も演じています。そういえば、スピルバーグ印のファンタジー「ニューヨーク東8番街の奇跡」(1987)の脚本(共同)も書いていましたね。Mr.インクレディブルのグレイグ・T.ネルソン「ポルターガイスト」(1982)のお父さんだし、インクレディブル夫人のホリー・ハンターは、「オールウェイズ」(1989)に出てるし、ここら辺もスピルバーグ印の影響か?

兎に角、映画館で家族揃って観たい映画です。

b0014400_18355889.jpg


ところで、三浦友和と黒木瞳の吹き替えってどうなんだろう?

------------------------------------------------------------
1時間56分 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ提供 ピクサー・アニメーション・スタジオ・フィルム、監督=ブラッド・バード、撮影監督=アンドリュー・ヒメネズ、音楽=マイケル・ジアッチーノ
ヴォイス・キャスト=グレイグ・T.ネルソン、ホリー・ハンター、サミュエル・L.ジャクソン ほか
翻訳=稲田嵯裕里
[PR]
# by thx1138_1941 | 2005-01-09 18:37 | ロードショー

ティム・バートンを超えられるか?「バットマン ビギンズ」

b0014400_19185069.jpg最近、渡辺謙がほんの一瞬映っている予告編で話題の「バットマン ビギンズ(BATMAN BEGINS)」。
若きブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)がいかにしてバットマンになったかを描くこの映画、「メメント」(00年)、「インソムニア」(02年)のクリストファー・ノーランが監督ということで、曲者ぽくって期待大だ。ティム・バートン版とはまた違ったダークな魅力を見せてほしい。
そして、脇役がまた曲者ぞろい。

b0014400_19202056.jpg
執事のアルフレッド役が、今や名優のマイケル・ケイン(「殺しのドレス」が懐かしい)
ブルースの恩師デュカードに、リーアム・ニーソン(「スターウォーズ エピソードⅠ」がかぶるな)
バットマンの盟友ジム・ゴードン巡査に、ゲーリー・オールドマン(「レオン」の悪徳警官の対極の役)
リチャード・アールに、ルドガー・ハウアー(「ブレードランナー」のレプリカントであまりに有名)
そして、ラーズ・アル・グールに、渡辺謙
b0014400_19245478.jpg
などなど、くすぐられるキャスティングとなっています。
そうそう、主役のブルース・ウェインに扮するクリスチャン・ベイルって、「太陽の帝国」の主人公の少年なんですよね。時の経つのは、早い。

「バットマン ビギンズ」日本公開は2005年夏、期待して待とう!



b0014400_19343679.jpg
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-12-26 19:35 | 映画よもやま話

ポーラー・エクスプレス THE POLAR EXPRESS

b0014400_1835413.jpg
クリスマス・イヴの夜に「ポーラー・エクスプレス」を観た。
ロバート・ゼメキス監督(脚本もウィリアム・ブロイルズ・Jrと共同執筆)は、原作の行間を上手く埋めて、彼らしい極上のエンターテインメント映画に仕上げている(特にそれは、原作には無いホーボーというキャラクターに現れていると思う)。スピード感溢れるこの作品は、アラン・シルベストリの音楽とも相まって「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(85年)ばりのアクションで楽しませてくれる。逆に云えば、長編としての時間を埋めるために静寂感が漂う原作を余計なもので満たしてしまったとも云えるかもしれないが…。
思うにこの映画は、アトラクション向きかもしれない。もし、クリスマスのテーマパークがあれば、これはNo.1のアトラクションのなると思う。ユニバーサル映画じゃないけれど、USJでやってくれませんかねぇ。
それから、CGで制作したことに関して。
個人的にはキライじゃないけれども、日本人には絵と云うか、キャラクターが馴染めないんではないでしょうか。ちょっと気持ち悪い気がする。特にエルフ達は、ある意味最高です。動きも「パフォーマンス・キャプチャー」と呼ばれるモーション・キャプチャーで作っているようですが、ここまでするなら実写で観たかった。まあ、トム・ハンクスが5役を演じることが先にあったとしたら、実写は無理だろうけれど。主人公のヒーロー・ボーイの声もハンクスなんだから。
なんじゃかんじゃ云っても、この年末、親子で楽しむには、うってつけの映画です。
------------------------------------------------------------
1時間40分 ミラマックス映画、監督=ロバート・ゼメキス、脚本¬=ロバート・ゼメキス、ウィリアム・ブロイルズ・Jr、撮影監督=ドン・バージェス, A.S.C.、ロバート・プレスリー、音楽=アラン・シルベストリ
キャスト=トム・ハンクス、ノーナ・ゲイ、ピーター・スコラリ、エディー・ディーゼン、マイケル・ジェター、チャールズ・フライシャー ほか
翻訳=戸田奈津子
b0014400_18365544.jpg

ところで、唐沢寿明の吹替えってどうだったんだろう?
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-12-25 18:41 | ロードショー

ネバーランド Finding Neverland

人生に大切なのは「信じること」そして「イマジネーションを働かせること」
b0014400_0474443.jpg

正月第二弾となる映画「ネバーランド」を早々と試写会で観た。
決して派手さはないが、最近アクション系の映画を多く観ていたので、どこかヨーロッパ映画の香りもするこの作品は、心地よかった。
監督は、「チョコレート」(残念ながら未見)でハル・ベリーを見事にアカデミー主演女優賞に輝かせた、マーク・フォースター。リアリティーとファンタジーを映画的に上手く表現した手腕はなかなかのもの。
そして、久しぶりにジョニー・デップの演技の上手さを痛感させられた映画でもある。得意のエキセントリックな表現に磨きがかかり、かつ一般受けする表現も過不足がなかった感じがする。個人的には、「シークレットウインドウ」の汚らしいかんじが好きなのだが…。
ケイト・ウィンスレットは、母親としての芯の強さを感じさせて悪くないのだが、どうも病気を患っている風には見えない。失礼ながら、骨太で繊細さに欠ける気がしてならない。
シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)の四人の子供達もなかなか良い。本当の意味での主役とも言えるピーター役のフレディ・ハイモアをはじめ、大人への階段を登る、長男役のニック・ラウド、愛らしい末っ子のルーク・スピル、ちょっと影の薄い次男役のジョー・プロスペロとみんな芸達者だ。

いずれにせよ、是非とも観ていただきたいお薦めの一本だ。
------------------------------------------------------------
1時間40分 ミラマックス映画、監督=マーク・フォースター、脚本=デイビッド・マギー、撮影監督=ロベルト・シェイファー、音楽=ヤン・A・P・カチュマレク
キャスト=ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン、ジュリー・クリスティ、フレディ・ハイモア ほか
翻訳=松浦美奈
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-12-20 00:48 | ロードショー

ヴァン・ヘルシング VAN HELSING

苦悩する過去を失った異能者を演じさせれば、今や世界一(?)のヒュー・ジャックマン主演のアドヴェンチャー大作。多少詰め込み過ぎの感は否めないが、モンスター系映画が好きな人ならオープニングからニンマリさせられること請け合いだ。トランシルバニアに旅立つ前の密命を受け、武器を調達する件からからして多分に「007シリーズ」を意識しているところが興味深い。そして、どんどんモンスター・アドヴェンチャー度は、加速してゆく。影を多用した演出が、泣かせます。
スティーブン・ソマーズの映画としては、「ハムナプトラ」の方が良くできているけれど、モンスターに対する愛情いっぱいで、魅力的だ。残るは、「アマゾンの半魚人」。これもやるのだろうか?

ヒュー・ジャックマンは、可もなく不可もなくで、ケイト・ベッキンセールは、圧倒的に「アンダーワールド」の方が良かった。「アンダーワールド」のクール・ビューティーぶりは、惚れ惚れとさせられたものです。この映画で一番の儲け役は、カール(デヴィッド・ウェンハム)だろう。

なんにしろ、映画館で観て正解の1本。
------------------------------------------------------------
ヴァン・ヘルシング VAN HELSING
2時間11分 ユニバーサル映画 監督・脚本=スティーブン・ソマーズ、撮影監督=アレン・ダビュー、音楽=アラン・シルヴェストリ
キャスト=ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、ウィル・ケンプ、リチャード・ロクスバーグ、デヴィッド・ウェンハム ほか
翻訳=林完治
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-10-31 19:02 | ロードショー

ヴィレッジ THE VILLAGE

M.ナイト・シャマラン監督が、「サイン」(2002)の反省を踏まえての渾身の1本!?いや、「サイン」があってこそこの映画が、生きてくるのかもしれない。
またスカされるのかと思ったんけど、案外面白かった。特によく出来た作品ではないけれど、こんな愛の形の表現も有りかなあ、と。この「村」も個々人の姿も含めて。
シャマラン作品の場合、あまりにも「驚愕」を強要しすぎてしまったために、スカされるわけで、その辺りをわきまえれば、もっとイイ映画たり得るのではないでしょうか。これは、観客の方も悪いのかもしれない。過剰な期待が足をすくっているという。
あと、設定には、無理があると思う。この形で「村」が存続していくのは、矢張り無理でしょう。

そして、「ノア」は、ひとり箱舟に乗らず、みんなを新天地に導いたのでした。

さて、シャマラン監督は、これから何処へゆくのでしょうか?
------------------------------------------------------------
ヴィレッジ THE VILLAGE
1時間47分 タッチストーン・ピクチャーズ、スパイグラス・エンターテインメント映画
監督・脚本=M.ナイト・シャマラン、撮影監督=ロジャー・ディーキンス、音楽=ジェームズ・ニュートン・ハワード
キャスト=ホワキン・フェニックス、エイドリアン・ブロディ、ブライス・ダラス・ハワード、シガニー・ウィーバー、ウィリアム・ハート ほか
翻訳・松浦美奈
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-10-30 19:09 | ロードショー

スター・ウォーズ トリロジー STAR WARS TRILOGY DVD-BOX

b0014400_19542215.jpg
予約購入していたけれど、観るチャンスがなかなかなくて、やっとやっと観ることができた。
さらっと全体を観ただけだけど、流石に細かい修正を加えて汚れ等を取っただけあって、発色とか良いんですよね。

で、一番気になっていた「エピソードⅥ」。ちゃんと「ジェダイの帰還」になっているではありませんか。それから、映像の差し替えの件。噂になっていたダース・ヴェイダーのヘルメットを脱がせるシーンでなくて良かった。でも、差し替えられてしまった、ジェダイの騎士三人揃い踏みのシーンもそのままで良かったと思う。ダークサイドへ落ちる前の姿にしたかったのだろうけれど、おやじが見守ってる方が納得いくでしょう、やっぱり。ヘイデン・クリステンセンの目線も合ってないし(笑)。
できれば、スペシャルエディションになる前のオリジナルを収録してほしかった。特に思い入れのある「エピソードⅣ・新たなる希望」は…。
商売人のジョージ・ルーカスのことだから、そのうちリリースするのだろうなぁ、きっと。
さあ、じっくり観ようっと。
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-10-10 19:28 | 映画よもやま話

オフ電告知

映画館では、基本的に予告編を観ないことにしています。勿論、TVの予告編もできるだけ避けてはいるけれど、TVは不可抗力で飛び込んでくるので、避けがたいこともあるので、困ってしまいます。なぜ観ないかと云うと、過去に予告編に重要なカットが含まれていて(当たり前か)、それを観てしまったために、すごくソンをしてしまったことが何度もあったからです。
が、最近多いオフ電告知は、結構好きでついつい観てしまう。大抵、映画の予告映像が含まれているので、困るのですが。
映画の是非はともかくとして、『踊る大捜査線2』のオフ電告知は、印象的でした、ばかばかしくって。この頃から頻繁に作られるようになってきたように思います。
最近では、『ゴジラ ファイナル ウォーズ』。初代ゴジラの有名な鉄塔のシーンが使われていて、なかなかの出来栄えです。今度の映画・最終作の是非はともかくとして…ね。
[PR]
# by thx1138_1941 | 2004-09-17 18:22 | 映画よもやま話