<   2004年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロスト・イン・トランスレーション  Lost in Translation

「あら、日本ってヘンな国」
外国人が撮った日本に違和感を覚えることは良くあると思う。しかし、この映画は逆に日本人なのに自分が外国人であるかのように日本に違和感を抱かせるのだ。「あら、日本ってヘンな国」。でも、それが妙に心地いい。
映画は終始アメリカからCM撮影の為に来日した俳優ボブ(ビル・マーレイ)と、フォトグラファーの旦那の仕事についてきた女性シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)の距離感を見つめていく。二人は共に、夫婦間に問題を抱えている。そして、その問題を埋めるように、異国での疎外感の中で徐々に惹かれあっていく。不倫などと云う表層的なものではなく、こころの奥深くで繋がっていくのだ。ラストの抱擁が、切ない。
女優としてはパッとしなかった、巨匠フランシス・コッポラの愛娘ソフィア・コッポラは、東京への愛情もこめて軽々と描いてみせた。アカデミー賞の最優秀脚本賞を取るほどスゴイ本だとは思わないけれど、愛すべき小品だ。

しゃぶしゃぶに対して「客に調理させるとはないごとか!」と憤慨する件が、なんとも目から鱗で好きだ。
それにしても、ビル・マーレイって、アメリカでの評価に比べて、日本では人気がないような気がする。コメディーに対する感覚の違いが大きいとは思うけれど、もう少し評価されてもいいのでは?
--------------------------------
ロスト・イン・トランスレーション  Lost in Translation
1時間42分 フォーカス・フューチャーズ作品
監督・脚本=ソフィア・コッポラ、撮影=ランス・アコード
松浦美奈・翻訳
--------------------------------
b0014400_20341371.jpg

本筋には直接関係ないが、コッポラ(父)ワイン。さすがイタリア系。美味しくいただいた。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-29 15:12 | ロードショー

シュレック2  SHREK2

基本的に面白い。内包した毒気も含めて、この感覚は好きだ。しかし、如何せん1作目は超えられなかった。どうも全体が、「美しいもの」と「醜いもの」の二元論に終始されていて、前作の持つ昔語りに対するアンチテーゼの魅力が薄れている気がする。「さあ、あなたは、どっちにするの?選びなさい!」と突きつけられているようで。「1」は、「そんなのどっちでもいいじゃん」って話だったような…。なんか昨今のアメリカの影を感じるのは、考え過ぎか。

それにしても、長ぐつをはいたネコをメイン・キャラとして出す意味はあったのだろうか。確かに可愛い。あの瞳で見つめれば、劇場の観客の心は彼のもの(特に女性の)。けど、活躍が中途半端な感じがする。敵としても、味方としても。
あと、ピノキオをはじめとする仲間が、どうしてあんに早く駆けつけられたのかが、疑問。あっ、硬いこと云っちゃダメか。

因みに、パロディーで一番好きなのは、オープニングの「スパイダーマン」のキスシーン。

--------------------------------

シュレック2  SHREK2
1時間32分 ドリームワークス映画 
監督=アンドリュー・アダムソン、ケリー・アズベリー、コンラッド・バーノン 
ボイス・キャスト=マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、エディ・マーフィ、アントニオ・バンデラス 
太田直子・翻訳
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-28 14:21 | ロードショー

リディック  THE CHRONICLES OF RIDDICK

「この監督、創ってる時楽しいかったやろなぁ」
そう、創りこまれた世界観は、確かに面白いと思う。全体のトーンは、「デューン砂の惑星」+「アウトランド」みたいな感じ。彫像を中心にイメージした中世ヨーロッパとイスラム建築を融合させたようなヴィジュアルは、嫌いではない。大画面で観る価値はあるかもしれない。
が、「悪を倒すためには悪が必要」と云うコンセプトをメインに持ってきている割には、リディック(ヴィン・ディーゼル)のキャラが弱い。ありがちな、ちょっと斜にかまえたヒーローで、ダークヒーローとは、呼べないと思う。悪の業が見えないのだ。キーラ(アレクサ・ダヴァロス)もいまひとつキャラが、立っていないし。あと、壮絶な最後を遂げるピュリファイア(ライナス・ローチ)もリディックとの絡み方が中途半端で、「急にそんなこと云われても」で、損をしている感は否めない。
最大の疑問は、700度の地表温度を持つ惑星で果たしてそんなことは出来るのか?いくらなんでも大風呂敷すぎる。
前作に当たる「ピッチブラック」の方が、小粒ながら良く出来ていたんではないでしょうか。
CHRONICLESってことは、このサーガはまだまだ続くのか?

--------------------------------

リディック  THE CHRONICLES OF RIDDICK 
1時間58分 ユニヴァーサル映画 
監督・脚本=デヴィッド・トゥーヒー、撮影=ヒュー・ジョンソン、
松浦美奈・翻訳
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-26 17:46 | ロードショー

Watch the skies

映画館のことをつらつら考えていたら、一つのエピソードを思い出した。
子供の頃、「We are not alone~宇宙にいるのは われわれだけではない~」のキャッチコピーで一世を風靡したスピルバーグの傑作映画、
「未知との遭遇 CLOSE ENCOUNTERS OF THE THERD KIND」(1977)。
人類と異星人のファースト・コンタクトを描いたこの映画を、どういう経緯でそうなったのか忘れてしまったけれど、おやじと観に行くことになった。普段、めったに二人でどこかに出掛けることはなかったのに。
映画が終わり、感動に震えながら映画館をでると、外は既に夜。ふっと見上げた星空は、心なしか多くの星が輝いているように思われた。何気なく横を見ると、おやじも夜空を見上げていた。
なんとなく嬉しい瞬間だった。
「We are not alone~われわれはひとりではない~」
b0014400_1615258.jpg

-------------------------------

「未知との遭遇 CLOSE ENCOUNTERS OF THE THERD KIND」
については、いずれまた書きたいと思っています。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-22 19:07 | 映画館

サンダーバード

「あーっ、子供の頃に観たかったよな!」
これが、一番最初に思った事。きっともっと楽しめたハズ。
末っ子にスポットを当てるのはいいけど、あまりにも他の兄弟がないがしろにされている気がするんですよね。4人の顔が思い出せない。皆の活躍があってこそのThunderbirdsだと思うのですが…。
それから、フッドのキャラが立ってないのが残念。ジェフ・トレーシーとの関係も含めて。
オープニングのアニメーションは、良かったですよ。ワクワクさせられて、オールドファンもニコニコで。

ところで、V6の吹き替えってどうなんだろう?

--------------------------------

サンダーバード Thunderbirds  ユニバーサル映画 1時間35分
戸田奈津子・翻訳
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-22 15:53 | ロードショー

映画館が好き

「映画は映画館で!」
これが、私の映画を観る時の基本的なスタンスです。
状況が許す限り、映画館に通うようにしています。
最近のシネコンなどは、映像・音響・椅子どれをとってもすごくいいですよね。でも、昔ながらのちょっと不自由を感じさせる映画館もミョーに好きだったりします。
そんな様々な映画館の暗闇で出逢った、映画についてあれやこれや書いていこうと考えています。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-21 21:06 | 映画館