カテゴリ:映画よもやま話( 15 )

ティム・バートンを超えられるか?「バットマン ビギンズ」

b0014400_19185069.jpg最近、渡辺謙がほんの一瞬映っている予告編で話題の「バットマン ビギンズ(BATMAN BEGINS)」。
若きブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)がいかにしてバットマンになったかを描くこの映画、「メメント」(00年)、「インソムニア」(02年)のクリストファー・ノーランが監督ということで、曲者ぽくって期待大だ。ティム・バートン版とはまた違ったダークな魅力を見せてほしい。
そして、脇役がまた曲者ぞろい。

b0014400_19202056.jpg
執事のアルフレッド役が、今や名優のマイケル・ケイン(「殺しのドレス」が懐かしい)
ブルースの恩師デュカードに、リーアム・ニーソン(「スターウォーズ エピソードⅠ」がかぶるな)
バットマンの盟友ジム・ゴードン巡査に、ゲーリー・オールドマン(「レオン」の悪徳警官の対極の役)
リチャード・アールに、ルドガー・ハウアー(「ブレードランナー」のレプリカントであまりに有名)
そして、ラーズ・アル・グールに、渡辺謙
b0014400_19245478.jpg
などなど、くすぐられるキャスティングとなっています。
そうそう、主役のブルース・ウェインに扮するクリスチャン・ベイルって、「太陽の帝国」の主人公の少年なんですよね。時の経つのは、早い。

「バットマン ビギンズ」日本公開は2005年夏、期待して待とう!



b0014400_19343679.jpg
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-12-26 19:35 | 映画よもやま話

スター・ウォーズ トリロジー STAR WARS TRILOGY DVD-BOX

b0014400_19542215.jpg
予約購入していたけれど、観るチャンスがなかなかなくて、やっとやっと観ることができた。
さらっと全体を観ただけだけど、流石に細かい修正を加えて汚れ等を取っただけあって、発色とか良いんですよね。

で、一番気になっていた「エピソードⅥ」。ちゃんと「ジェダイの帰還」になっているではありませんか。それから、映像の差し替えの件。噂になっていたダース・ヴェイダーのヘルメットを脱がせるシーンでなくて良かった。でも、差し替えられてしまった、ジェダイの騎士三人揃い踏みのシーンもそのままで良かったと思う。ダークサイドへ落ちる前の姿にしたかったのだろうけれど、おやじが見守ってる方が納得いくでしょう、やっぱり。ヘイデン・クリステンセンの目線も合ってないし(笑)。
できれば、スペシャルエディションになる前のオリジナルを収録してほしかった。特に思い入れのある「エピソードⅣ・新たなる希望」は…。
商売人のジョージ・ルーカスのことだから、そのうちリリースするのだろうなぁ、きっと。
さあ、じっくり観ようっと。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-10-10 19:28 | 映画よもやま話

オフ電告知

映画館では、基本的に予告編を観ないことにしています。勿論、TVの予告編もできるだけ避けてはいるけれど、TVは不可抗力で飛び込んでくるので、避けがたいこともあるので、困ってしまいます。なぜ観ないかと云うと、過去に予告編に重要なカットが含まれていて(当たり前か)、それを観てしまったために、すごくソンをしてしまったことが何度もあったからです。
が、最近多いオフ電告知は、結構好きでついつい観てしまう。大抵、映画の予告映像が含まれているので、困るのですが。
映画の是非はともかくとして、『踊る大捜査線2』のオフ電告知は、印象的でした、ばかばかしくって。この頃から頻繁に作られるようになってきたように思います。
最近では、『ゴジラ ファイナル ウォーズ』。初代ゴジラの有名な鉄塔のシーンが使われていて、なかなかの出来栄えです。今度の映画・最終作の是非はともかくとして…ね。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-09-17 18:22 | 映画よもやま話

今度はどうよ、シャマラン監督!

衝撃の出世作『シックス・センス』(1999)からはや五年。M.ナイト・シャマランの新作は、ホワキン・フェニックス、エイドリアン・ブロディ、シガニー・ウィーバー、ウィリアム・ハートと気合の入ったキャスティングで挑む『ヴィレッジ』。なんとなく、あまりにもあからさまにエイリアンが出てきて、ある意味驚いた、『サイン』(2002)に似た雰囲気で不安がいっぱいだ。
『シックス・センス』は、良く出来た映画だった。シャマラン監督が、インド出身(幼い頃にアメリカに渡っているが)のせいか、西洋的ではない独特の生死観が出た、新しい感覚のホラーを創り上げていた。哀しくも怖い泣けるホラー映画だった。「次はどんな作品を撮るのだろう」と思わせた。
そんな期待の中公開された『アンブレイカブル』(2000)で、頭の中が???状態。意外な展開ではあるものの、「そんな話、観たいかぁ」って感じで。脚本料が、500万ドルだって。続く『サイン』は、ある意味ストレートな展開になったものの、やっぱり、頭の中が???状態。見事にハズされてしまった。こちらは、1000万ドル以上の脚本料が付いたらしい。
「はてさて、『ヴィレッジ』はどうなるのだろう?きっとハズされるんだろうな」っと思いつつ、劇場に足を運んでしまうんだろうなぁ、多分。
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-09-08 14:28 | 映画よもやま話

ヴィジュアル・ショック!

1カットイイ画(え)があれば、満足。
私の映画を観る時の基準の一つが、これである。決してストーリーを蔑ろにしているワケではないけれど、映画は画で勝負だ。それは、流麗なカメラワークであったり、小憎いトーンの陰影のある照明であったり、役者の表情であったりする。中でも、特撮(古い言い方)絡みのカットであることが多い。
最近の映画は、あれだけCGを多用しているのに、何故、目の前がクラクラするようなヴィジュアル・ショックに出逢えないんだろう?多分、多用しすぎることと、なんでもありになってしまったからなのだろう。次々と新しい刺激を求める観客に合わせて多用していくことの危うささえ感じる。
私にとって一番のヴィジュアル・ショックは、なんと云っても『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)のラストで未来から帰って来たタイムマシン・デロリアンが飛ぶところ。この予期せぬ出来事に完全にマイってしまった。このカットのすぐ後が、エンド・クレジットになるけれど、ボーッとして、最初の辺りがまったく読めなかった。
あと、『E.T. 』(1982)のE.T.とエリオットを乗せた自転車が飛ぶところもそう。この瞬間の劇場での拍手喝采は凄かった。これほど映画館が一体になった経験は、他にないと思う。
どちらも、スティーブン・スピルバーグ絡みだ。1970年~80年代のスピルバーグは、矢張りスゴイ!
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-09-01 15:22 | 映画よもやま話