「ウォレスとグルミット」が10部門制覇!!

2月5日、アニー賞(国際アニメ映画協会が主催するアニメ界のアカデミー賞)が発表された。そこで「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」(監督ニック・パーク、スティーヴ・ボックス)が、「マダガスカル」や「チキン・リトル」、宮崎駿監督の「ハウルの動く城」などを破って、作品賞、脚本賞など映画部門全10部門を独占するという快挙を達成。
「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」はアードマン・スタジオ製作のクレイ・アニメシリーズの最新作で初の長編映画。
春休みが楽しみですね。

因みに、昨年のアニー賞では「Mr.インクレディブル」が10部門制覇を成し遂げている。
こちらは、皆さんご存知のピクサー製作のフルCGアニメーションです。
[PR]
by thx1138_1941 | 2006-02-11 16:20 | 映画よもやま話
<< 訃報が続く… 京の都が寂しくなる! >>