京の都が寂しくなる!

京都の東宝系老舗映画館、京都スカラ座・京都宝塚劇場・京極東宝が閉館になってから、早一週間。結局、サヨナラ上映会にも行けずに終わってしまった。映画のコトは、これらの映画館に教えてもらったようなもの。京都の映画の火が、どんどん消えていくようで、寂しい限りですね。
特に思い入れのある京都スカラ座で最後に観たのは、昨年の夏の「スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐」(2005)ってことになるなぁ。これは、アメリカ公開から1年、待ちに待って観た「スター・ウォーズ」(1977年)の公開が、京都スカラ座だったので、とても感慨深いものがありますね。
また京都の街が、寂しくなる。ガンバレ、東宝公楽!!ガンバレ、京極弥生座!!
[PR]
by thx1138_1941 | 2006-02-06 19:38 | 映画よもやま話
<< 「ウォレスとグルミット」が10... 新春万福 >>