栄枯盛衰 in Kyoto

6月23日(木)にオープンしたシネコン・TOHOシネマズ二条に昨日行ってきた。
b0014400_17355321.jpg

オープニング記念の試写会「ロボッツ」(2005)を観る為に(映画の内容については、また次回に)。
広々としたエントランスは、ブラウンを基調とした和風のテイストで、京都らしさを演出している。MOVIX京都よりもアミューズメントパークっぽくない感じがする。一番奥のスクリーンまでは、結構距離があるかもしれないけれど、1フロアなので移動しやすいかも。
そして、今回観た、スクリーン10は、TOHOシネマズ二条の中で最大規模の390席。4Wayスピーカーが設置されているのがウリのようだ。前回書いた「スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐」(2005)は、やっぱりここか、「THXシステム」が導入されているスクリーン1で観たいかも。
b0014400_17362363.jpg

この試写会に我が家は、家人と二人で応募したけれど、一人しか当選しなかった。なのに、座席は8割ほどの入りで、「なんで当たらんかったん?」。たのんまっせ、京都新聞さん!

 また、6月24日(金)は、大宮東映が閉館する日でもあった。
b0014400_17365973.jpg

ここで、それほど多くの映画を観たわけではないのだけれど、「シネコン」じゃない「映画館」が無くなっていくのは、寂しい限りです。これで、東映の直営館が京都から無くなるワケで、日本の映画業界の状況が見え隠れするようだ。椅子もよくなかったし、音響は最悪に近かったけれども、何故か「映画」を観た気になるから不思議です。
[PR]
by thx1138_1941 | 2005-06-25 17:37 | 映画館
<< ロボッツ ROBOTS 「スター・ウォーズ」公開迫る! >>