「スター・ウォーズ」公開迫る!

「スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐」(2005)の日本公開が、いよいよあと1ヶ月を切った!。世間も「エピソードⅠ ファントム・メナス」(1999年)ほどの異常な状態ではないにしても、盛り上がりを見せてきている。
そんなワクワク感の中、ちょっとした悩みを抱えている。
私は、京都に住んでいるのだが、京都の東宝系老舗映画館のひとつに京都スカラ座がある。
そして、アメリカ公開から1年、待ちに待って観た「スター・ウォーズ」(1977年)の公開は、京都スカラ座だった。そう、当時は、「エピソードⅣ 新たなる希望」なんて、サブタイトルはなかったのだ。その後、「エピソードⅤ 帝国の逆襲」(1980年)の公開は、なぜか東宝公楽だったのだが、「エピソードⅥ ジェダイの復讐」(1983年)、「エピソードⅠ ファントム・メナス」、「エピソードⅡ クローンの攻撃」(2002年)は、京都スカラ座で観ている。
そうすると、「エピソードⅣ 新たなる希望」からリアルタイムで観続けている私としては、この最終作(ですよね!?)「エピソードⅢ シスの復讐」は京都スカラ座で、是非とも観たい。が、しかし、6月23日(木)にTOHOシネマズ二条と云う新しいシネコンが、オープンするのである。当然、こちらの方が、設備-特に音響設備-が、良いはずだ。そうなると、こちらで観たい気もする。いや、シネコンより単館の映画館の味方の私としては、京都スカラ座でしょう。でも、映写環境も座席もいいから、満足感はあるはず。いやいや、やっぱり「エピソードⅣ 新たなる希望」と同じ京都スカラ座でしょう。
う~ん、悩みは、尽きない。

b0014400_18294595.jpg←「スター・ウォーズ」公開当時(1977年)のパンフレット
[PR]
by thx1138_1941 | 2005-06-11 18:34 | 映画館
<< 栄枯盛衰 in Kyoto 炎のメモリアル LADDER 49 >>