エイリアンVS. プレデター  ALIEN VS. PREDATOR

これは、面白い!
b0014400_1743635.jpg

あまり期待してなかったんですよね、実は。よくある、企画物のキワモノ映画になるんじゃないかと。
でも、これは、面白い!
予想以上に脚本がしっかりとしていて、楽しめました。ちゃんとエイリアン、プレデター双方の特徴を上手く生かしてあって、流石に監督が、熱狂的ファンだと云うだけのことは、あります。ビショップ(ランス・ヘンリクセン)の登場には、もうひと唸りさせてほしかったけれど…。
脚本のクレジットに本家「エイリアン」(1079)の脚本家ダン・オバノンドナルド・シャセットの名があったけれど、どこまでかんでいるのだろう?
基本的にエイリアンは、ジェームス・キャメロン監督・脚本の「エイリアン2」(1986)の延長線上のイメージ。アクションを優先させているからでしょうけれど、リドリー・スコットの恐怖演出には、だれも太刀打ち出来ないと云うことでもあるのでしょう。
監督・脚本は「バイオハザード」(2001)ポール・W・S・アンダーソン。「モータル・コンバット」(1995)、「イベント・ホライゾン」(1997)、「ソルジャー」(1998)とちょっとトホホなB級SFアクション、ホラーを送り続けていたが、今回は、良い按配のB級感覚でした。
ラストのあのシーンから宇宙船内の出来事として「2」が作られたら、それはそれで面白いかも。お願いしますよ、20世紀フォックスさん!
-----------------------------------------------------------
1時間40分 20世紀フォックス映画提供 監督・脚本=ポール・W・S・アンダーソン、撮影監督=デヴィッド・ジョンソン、キース・パートリッジ、音楽=ハラルド・クローサー
キャスト=サナ・レイサン、ラウル・ボヴァ、ランス・ヘンリクセン ほか
翻訳=林完治
[PR]
by thx1138_1941 | 2005-01-28 17:08 | ロードショー
<< 「宇宙戦争」 「タクシードライバー」再び? ... >>