ティム・バートンを超えられるか?「バットマン ビギンズ」

b0014400_19185069.jpg最近、渡辺謙がほんの一瞬映っている予告編で話題の「バットマン ビギンズ(BATMAN BEGINS)」。
若きブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)がいかにしてバットマンになったかを描くこの映画、「メメント」(00年)、「インソムニア」(02年)のクリストファー・ノーランが監督ということで、曲者ぽくって期待大だ。ティム・バートン版とはまた違ったダークな魅力を見せてほしい。
そして、脇役がまた曲者ぞろい。

b0014400_19202056.jpg
執事のアルフレッド役が、今や名優のマイケル・ケイン(「殺しのドレス」が懐かしい)
ブルースの恩師デュカードに、リーアム・ニーソン(「スターウォーズ エピソードⅠ」がかぶるな)
バットマンの盟友ジム・ゴードン巡査に、ゲーリー・オールドマン(「レオン」の悪徳警官の対極の役)
リチャード・アールに、ルドガー・ハウアー(「ブレードランナー」のレプリカントであまりに有名)
そして、ラーズ・アル・グールに、渡辺謙
b0014400_19245478.jpg
などなど、くすぐられるキャスティングとなっています。
そうそう、主役のブルース・ウェインに扮するクリスチャン・ベイルって、「太陽の帝国」の主人公の少年なんですよね。時の経つのは、早い。

「バットマン ビギンズ」日本公開は2005年夏、期待して待とう!



b0014400_19343679.jpg
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-12-26 19:35 | 映画よもやま話
<< Mr.インクレディブル THE... ポーラー・エクスプレス THE... >>