シュレック2  SHREK2

基本的に面白い。内包した毒気も含めて、この感覚は好きだ。しかし、如何せん1作目は超えられなかった。どうも全体が、「美しいもの」と「醜いもの」の二元論に終始されていて、前作の持つ昔語りに対するアンチテーゼの魅力が薄れている気がする。「さあ、あなたは、どっちにするの?選びなさい!」と突きつけられているようで。「1」は、「そんなのどっちでもいいじゃん」って話だったような…。なんか昨今のアメリカの影を感じるのは、考え過ぎか。

それにしても、長ぐつをはいたネコをメイン・キャラとして出す意味はあったのだろうか。確かに可愛い。あの瞳で見つめれば、劇場の観客の心は彼のもの(特に女性の)。けど、活躍が中途半端な感じがする。敵としても、味方としても。
あと、ピノキオをはじめとする仲間が、どうしてあんに早く駆けつけられたのかが、疑問。あっ、硬いこと云っちゃダメか。

因みに、パロディーで一番好きなのは、オープニングの「スパイダーマン」のキスシーン。

--------------------------------

シュレック2  SHREK2
1時間32分 ドリームワークス映画 
監督=アンドリュー・アダムソン、ケリー・アズベリー、コンラッド・バーノン 
ボイス・キャスト=マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、エディ・マーフィ、アントニオ・バンデラス 
太田直子・翻訳
[PR]
by thx1138_1941 | 2004-08-28 14:21 | ロードショー
<< ロスト・イン・トランスレーショ... リディック  THE CHRO... >>